« Bento for iPhone/iPod touch | トップページ | Windows on Mac mini:少しずつ環境を整える »

2009年6月 5日 (金)

「イバラキング」というメロン

茨城県はメロンの生産量日本一である。

といっても、「ふうん、そうなの。知らなかった」と素直に信じる人から「またそんないい加減なことを…」と信じない人までさまざまだと思うけど、「知ってたよ、そんなこと」という人は少ないんじゃないかな。でもこれはホントです(^o^)

しかしいまいち知名度が低いというのは紛れもない事実。茨城をメロンの産地としてもっとPRしなければ、というわけで、「イバラキング」という品種を開発、なんとか普及しようと努めている・・・という記事をしばらく前の朝日新聞茨城県南版で読んだ。

う〜ん・・・ちょっとどうかなと思うネーミングだが・・・記事によれば、新しい品種を多くの農家が栽培してくれるようになるまでにはかなり時間がかかるようだ。そりゃそうだよね。これまでどおりアンデスとかクインシーといった品種を作っていればある程度安定した収入が見込めるんだから。

さて、そのイバラキングというメロンを店頭で見つけたので(いまのところどの店にもあるというほどは普及していない)、買って食べてみた。

果肉は緑色。味は・・・まあ普通においしかった。でもわりとあっさりした甘みかな。これが茨城とメロンを結びつけるのに一役買うことができるのかは、私にはわからない。アンデスとかクインシーとかはいろんなところで栽培されているから、茨城ならではの品種を前面に押し出す必要がある、という考えなんだと思うけど。

この季節、地元のスーパーの店頭には箱入りのメロンが積み上げられる。買って親戚や知人に送る人が多いのだが、でも昔からこうだったかな? ここに30年近く住んでいるけれど、茨城がメロンの産地ということを意識し始めたのは比較的最近のような気がする。 

住んでいる者がこれなんだから、やっぱりPR不足ということか・・・

|

« Bento for iPhone/iPod touch | トップページ | Windows on Mac mini:少しずつ環境を整える »

身辺雑記」カテゴリの記事

新聞・雑誌から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イバラキング」というメロン:

« Bento for iPhone/iPod touch | トップページ | Windows on Mac mini:少しずつ環境を整える »