« 観察:夕顔はいつ開く? | トップページ | block justify とは »

2009年8月 8日 (土)

核廃絶への期待

6日は広島の原爆記念日だった。そして明日9日は長崎の原爆記念日だ。

オバマ大統領が米国大統領として初めて、核兵器を使用した道義的責任を認め、核廃絶を目指すと発言した。その演説から最初の原爆記念日だから、これまでと違う盛り上がりや期待感があるのも当然だ。それなのに、6日のテレビで麻生首相が「現実問題として米国の核の傘は必要」(正確な表現ではないかもしれないが)と語るのを聞いて、心底がっかりした。

日本は、核のない世界を希求してきたのではないのか・・・

被爆国日本は、二度とあのような悲劇を繰り返したくない。だがそのために、核兵器の恐ろしさ、核兵器を持つことの愚かしさを世界に発信する代わりに、米国の核の傘に入る方を選んだのだ。当時の状況ではある程度仕方のないことだったかもしれない。でも、いつかは核の傘がなくてもすむ世界を築きたいという強いメッセージを日本政府は発信してきただろうか。

オバマ大統領の目指す道は長く厳しく、米国内では反発もあるだろうが、日本政府が諸手を挙げて歓迎しないというのは情けない。本当に米国の核の傘は必要なのか、ほかに方策はないのか、政府は核のない世界を目指すという観点から真剣に知恵を絞ってほしい。

6日の朝日新聞の社説は、「非核の傘を広げるとき」と題して、核のない世界に近づくための道筋を提案している。これを読めば、いくつかの選択肢があることがわかる。少なくとも私は、十分実現の可能性がある方法だと思った。

「あらたにす」でこの日の日経・読売・朝日三紙の社説を読み比べるとなかなか興味深い。

あらたにす(8/6の社説)
(一定の日数が過ぎるとこのリンクからは社説全文が読めなくなりますがあしからず)

読売新聞は明らかに核の傘を容認する(というか現状では必要)という立場だ。この考えを支持する人もかなりいることだろう。

でも、せっかくのこの機運を、夢物語だとか、現実離れしているとか、理想論だなどという言葉で片付けてほしくない。夢を見るのも理想を語るのも、人間だけにしかできないことだし、不可能と思われる夢を見る人がいたから人間は空も飛べたし宇宙へも飛び出せた。今度は「核のない世界」の夢を見たっていいんじゃないだろうか。ただし、夢は実現するために見るものだ。

|

« 観察:夕顔はいつ開く? | トップページ | block justify とは »

感じたこと・考えたこと」カテゴリの記事

新聞・雑誌から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核廃絶への期待:

« 観察:夕顔はいつ開く? | トップページ | block justify とは »