« winmail.dat というファイル | トップページ | Mac で OCR その後 »

2009年12月23日 (水)

青いバラ

昨日の朝日新聞朝刊(科学欄)に、「青いバラの市販が始まり、たいそうな人気」という記事が載った。おうおう、ついに市場に出るまでになったのか…という感慨はさておき・・・

世の中に青い花はいろいろあるが、青いバラはこれまではなかった。バラに青色の遺伝子がないためで、本来存在しないものを作り出そうと熱心に取り組む人なり機関なりがあったようで、何年か前の浜松花博に出品された青いバラ(2〜3種あったと思う)は話題を呼んだ。私も見たが、今回の記事にもあるように、「青(ブルー)」というより「藤色」に近い。記事に大きく写真が載っている「アプローズ」もどう見ても紫だ。これを「青いバラ」というのは自己満足のような気もする。

「青いバラ」ができれば大変な発明だと聞いたことがあるし、とにかく珍しいから予約で完売だそうだが、冷静に考えてみて、こういう研究って何のため? 紫のバラはそれはそれできれいだと思うが、なくたって全然困らないぞ、と思うのは私だけ?(個人的には、バラは何といっても深紅!)

交配でいろんな品種を生み出すのはまあわかるが、遺伝子をいじってまで「青いバラ」を作らなくてもいいじゃん、と思ってしまう。青い花はほかにある。バラに青い遺伝子がないのは天の配剤と思って、「青いバラがあったらいいのにねえ」と夢見るだけにしておく方がよかったのに。(でも私は、青いバラなんてほしいとは思わないのだ…)

|

« winmail.dat というファイル | トップページ | Mac で OCR その後 »

新聞・雑誌から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青いバラ:

« winmail.dat というファイル | トップページ | Mac で OCR その後 »