« イギリスへ・・・ | トップページ | 一日に100ページ読める? »

2010年7月11日 (日)

イギリス旅行:旅の日程

6月13日から21日まで、イングランドの湖水地方とコッツウォルズをまわるツアーに参加した。観光のメインである湖水地方の2日間とコッツウォルズの2日間が素晴らしいお天気だったのは、イギリスでは珍しいというべきだろう。しかし日中は20度を超えても朝晩は上着がないと寒い。服装を長袖中心にしたのは正解だった。帰ってきてすぐに仕事が入ったり、そのあと実家に帰ったりしていたのでなかなかブログの更新ができなかったが、めったに行かない海外旅行だから、記憶が薄れないうちに何回かに分けて書いておきたい。まず今回の旅行の日程から。

13日:出発。午前中に日本を発つと、同じ日の午後にロンドン・ヒースロー空港に着く。入国手続きのあと、国内便に乗り継いで(4時間の待ち時間)マンチェスターまで行く。夜の時間帯だが、まだ明るい。バスでホテルへ。最後のロンドンまでこのバスで移動することになる。マンチェスター泊。

14日:チェスターとリバプールを観光後、湖水地方のウィンダミア湖畔の町ボウネスまで行く。この日と翌日はボウネスに泊まる。この日までは、曇りで時折小雨が降るような天気だったが、湖水地方に行くと晴れていた。

15日:湖水地方の観光。ウィンダミア湖を遊覧船で縦断。対岸のレイクサイドから観光列車(SL)に乗る。その後バスでホークスヘッドという村まで行き、昼食(ここには、詩人のワーズワースが通っていたというグラマースクールがある)。午後はピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポッターが住んでいたヒルトップを訪ね、ボウネスのホテルに戻る。

16日:コッツウォルズに移動する。ヒドコートマナーガーデンという、バラが有名な庭園を見学したが、あいにくバラはまだあまり咲いていなかった。コッツウォルズ地方にはかわいらしい町や村がいくつもあるが、この日はチッピング・カムデンで昼食をとり、ブロードウェイ(これも町の名前)を散策してからホテルへ。ここでも同じホテルに二泊する。

17日:コッツウォルズ観光。訪ねた町は、ボートン・オン・ザ・ウォーター、バイブリー、テットベリー。この日はどこに行っても見事なバラを見ることができ、ちょっと期待外れだった前日の埋め合わせができた。

18日:コッツウォルズを発ってロンドンに向かう。途中、シェイクスピアの奥さんの実家アン・ハサウェイの家、シェイクスピアの生家(ストラトフォード・アポン・エーボン)、チャーチルが生まれた(「住んだ」ではなく^^;)ブレナム宮殿を見学。ロンドン泊。この日は朝から曇り空で、ブレナム宮殿で時々雨が降り、ロンドンも雨だった。

19日:ツアーのメンバーは昼過ぎの便で帰国。私たち夫婦は同じホテルにもう一泊して(延泊を申し込んだ)、この日は日帰りでイーストボーンに行ってきた。天気は曇り、イーストボーンで時々小雨。

20日:昼過ぎの便で帰国。成田着は21日の朝。日本はじっとりと蒸し暑かった・・・

次回から少しずつ、旅の印象を書いていく。写真も少し。今回の旅行で毎日100枚以上も写真を撮ってしまい、自分でもあきれた(^^;)。

|

« イギリスへ・・・ | トップページ | 一日に100ページ読める? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
私は以前仕事でアメリカに長期間住んでいて、アメリカ国内は随分と見て回りましたが、イギリスは憧れですが、なかなか訪れる機会がありませんでした。
湖水地方とかいつか行ってみたいと思ってはいるのですが・・・。
旅行の感想を楽しみにしてます。
できれば景色や風景ばかりではなく、英国社会自体の感想とかもお願いします(かなり保守的な階級社会でなかなかよそ者にはなじみにくいと聞いていますが)

投稿: キムリン | 2010年8月 3日 (火) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス旅行:旅の日程:

« イギリスへ・・・ | トップページ | 一日に100ページ読める? »