« iPhone/iPad でスクリーンショット | トップページ | どなたでしたっけ? »

2010年12月 2日 (木)

iPhone/iPad アプリ:天気予報

前回の記事でスクリーンショットをとるというスキルを身につけたので(笑)、早速使ってみる。

iPhone/iPad のアプリというのはいつの間にか増えていくものだ。iPad を入手したのは今年の5月だが、以来半年、iPad 専用アプリだけで37本ある(ひぇ〜、そんなに?!)。いやいや、こんなのは多いうちに入らないかも。世の中には11面だか12面だかある画面に入りきらないほどのアプリを持っている人も多いらしいから。

そんな多種多様なアプリがある中で、たいていの人が使っているアプリの代表が天気予報のアプリではないかと思う。

Photo_3
そもそも iPhone には純正のアプリ「天気」が入っている(iPad には入っていない)。この写真がそれで、ご覧のとおりなかなかセンスがよくて気に入ってはいるのだが、情報源が外国のサイトなので、日本国内のマイナーな地名などは、検索しても出てこないことが多い。だから多くの人が別のアプリを入れていると思う。私も普段は使わないが、6月にイギリスに行ったときは、あらかじめ主な滞在先や観光地をこのアプリに入れておいて、出発まで天気や気温を毎日チェックしていた。海外に行くときには力を発揮する。

iPhone の場合は代表的なのが「ウェザーニュースタッチ」で、私もこれを使っている。(実は他のアプリは知らない^^;)。

1
日本地図から順に目的地を絞り込んでいくこともできるが、住所だとか、観光スポットなど、ピンポイントで検索する機能もある。検索した場所を「My スクリーン」に登録しておくことができ、そのうちの任意の場所を「HOME」画面(起動直後に表示される画面)に設定できる。自分の住所地を「HOME」にしておくのが一般的な使い方かなと思う。上の写真の左下にある吹き出しのマークをタッチすると、

2
こんな風にひと言コメントが出る。また、全国各地のリポーターからの写真やコメントでその土地の天候がリアルタイムでわかる「ウェザーリポート Ch.(チャンネル)」、24時間お天気に関するライブ放送をやっている「SOLIVE24 Ch.」、地震情報を伝える「地震 Ch.」など、多彩な情報を取得でき、役に立つだけでなく使って楽しい機能がいっぱい。ほとんど不満はなく、他のアプリを試してみる気にもなれない。

ところが、こんなに便利な「ウェザーニュースタッチ」が iPad に対応していない(>_<)。もちろん見ることはできるのだが、iPad の大きな画面を生かせない。一応 iPad にも入れているが、そのままでは真ん中に小さく表示されるだけだし、2倍表示にすると文字がにじんできれいじゃない。そこで iPad に対応したアプリを入れるのだが、決定打がなく、2つを場合によって(気分によって?)使い分けていた(過去形^^;)。

Photo_2
最初に入れたのがこれ、「そら案内」。すっきりした画面が好感が持てる。位置情報を取得して現在地の天気を表示できる。一度検索すると履歴リストに入るのであとで何度でも見られるが、どうやら任意の場所を検索する機能がないらしいのだ(今に至るまで見つけられない)。「設定」画面の「地域追加」に登録されている地域(茨城県の場合は水戸と土浦)か、GPSによる現在地の情報しか得られず、明日出かける行楽地の天気をピンポイントで見ることができないのはどんなものだろうと思うのだ。これ、かなりのマイナス。

そこで、どこかで紹介されていた「eWeather」を入れてみた。

Eweather
これがまたとってもシックなインターフェースで、見た目だけならいちばんのお気に入りなのだが……GPSで現在地の情報を取得でき、それをお気に入りに入れておくことができる。また検索窓もあるので、住所地などで検索が可能。と、「そら案内」の欠点を補う機能がある。しかし起動は遅い。まあこのぐらいは我慢できるとしても、肝心の情報があまり当てにならないことに気づいてしまった(^^;)。

自宅の場所をデフォルトに設定していて、起動するとまずその画面が表示されるのだが、現在の天気が太陽さんさんの「晴れ」になっているのに実際はどんよりと曇っているということがあった。上記2つのアプリはちゃんと曇りになっている。画面右下の「About」から「気象情報について」をタップすると、確認のダイアログが出て eWeather の Web サイトにジャンプするのだが、そこに、「現在天気の表示について」という項目がある。要するに、「実際の天気と異なる場合がありますのでご了承ください」ということだが、「近日中に当該判定ロジックの改修を予定しており、大幅な精度向上の改善を見込んでおりますので」とあるので、次のアップデートに期待というところだろうか(ついでながら、「精度向上の改善」は語句の重複だと思う。「精度向上」または「精度の改善」だろう)。

で、現状は、iPad では「そら案内」を使い、外出先、あるいは細かいピンポイントの予報がほしい場合は iPhone の「ウェザーニュースタッチ」を使うという方法に落ち着いている。お天気アプリはほかにもあるかもしれない。でも、あれこれ自分から積極的に調べる方ではなく、ブログや各種記事の情報を見て試すことが多い。そんなわけでごく狭い範囲の情報でしかないのだが、自分なりの使用感を書いてみた。

|

« iPhone/iPad でスクリーンショット | トップページ | どなたでしたっけ? »

iPod/iPhone/iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone/iPad アプリ:天気予報:

« iPhone/iPad でスクリーンショット | トップページ | どなたでしたっけ? »